248.ドナルド・キーン氏の講演

  1. 朝飯前の朝飯

ドナルド・キーン博士の講演

「日本文学者のドナルド・キーン氏が東日本大震災の福島原発事故以降、4、50万人の外国人の避難、出国に危惧し、日本国籍を取得し日本永住を決意した」という『NYレポート』に感銘した。


 早速、中学校の柚木明雄校長へ依頼した。

「89歳(当時)のキーン氏が日本国籍を取得し、この中学校の学区あたりで起居されるので、中学生に話を聴かせたい。もし1、2年生が厳しければ3年生だけでもかまいません」

「3月の学期末の予定が見えませんがわかりました」

 柚木校長の了解を得て、『NYレポート』の執筆者、肥田美佐子氏(ニューヨーク在住ジャーナリスト)に「来年3月上旬に東京の中学校で講演してほしいとキーン氏にお伝えいただきたい」とメールする。


 数日後、肥田氏より「コロンビア大学のキーン氏のアシスタント女性に伝えたが、『今年度、来日のめどが立っていない』との理由で固辞された」と返信があった。

 残念だがしかたない。

 その後、キーン氏とは駒込駅周辺で何度かお目にかかり挨拶し、読売新聞社主催特別講座を東洋大学白山キャンパスで聴いた。

アメーバブログヘ

関連記事

朝食前の朝食_アイキャッチ

43.妻の再入院と抗ガン剤治療

妻の再入院と抗ガン剤治療 妻は背中の手術から約1か月半後、千葉大病院へ再入院して1週間がたつ。 抗ガン剤治療は必要だと言われているが、妻にとってはさぞか…

朝食前の朝食_アイキャッチ

35.妻の病名

妻の病名 連休明けなので出勤し、全体朝礼で妻が無事退院したことを話した。 部署打ち合わせ後、「K誌を追加で20部送付してほしい」との連絡があり、印刷会社…

朝食前の朝食_アイキャッチ

19.妻の一時退院

妻の一時退院 抗がん剤治療前の小休止で、田川一真医師が妻に外泊許可を出してくれたので、11時に弟たちと一緒に迎えに行く。 6人部…