214.業界No.1 エクセレントカンパニーは違う

  1. 朝飯前の朝飯

業界No.1 エクセレントカンパニーは違う

 シェルティー種の愛犬ここあと別れることになった。


 住宅密集地帯の東京・北区の、新築戸建で飼うのは無理と判断したからだ。

 近所の愛犬家の甕古家に託すと「成田市の犬好きのおうちがもらってくれるそうです。もうここあちゃんとは二度と会えないことを覚悟してください」と言われた。

 わたしは妻の顔に似ているここあと別れるのはしのびないが、「はい、わかりました」と応じるしかなかった。


 連休中に家電製品や家具等を引っ越しする。

 リトルリーグの山田父から紹介されたF引っ越しセンターを利用したところ、「東京の家の前の道が狭いため冷蔵庫の2階への搬入は無理です」と言われた。

 男性チーフも足にタトゥーをいれたサブの女性も一見してやる気のなさを感じる。

 わたしは「わかった。こっちでなんとかするから玄関前の自転車置き場へそのままでいいよ」と答えて帰ってもらう。

 しかし長女の大阪からの荷物の業者、サカイ引越センターが「やりましょう」と言ってくれ、増員し人海戦術とロープで、みごと吊りあげてくれた。

 さすが業界ナンバーワンのエクセレントカンパニーは違う。

 東京の家は、1階が浴室・トイレとわたしの寝室、2階がリビング&キッチン、3階が長女と三男の寝室だ。

 千葉の家の半分に満たなくて狭いが、東京23区内の、山手線沿いに住める利便性を考えたら文句は言えない。

    ご近所には千葉のピーナツを配った。

 リトルリーグの映画撮影への協力は、この連休中はなさそうなので江戸川中央リトルシニアの練習体験へ行くことにしていたが……。

アメーバブログヘ

関連記事

朝食前の朝食_アイキャッチ

20.「東京だよおっかさん」

「東京だよおっかさん」 K誌9月号下版後の校正締日だ。すでにゲラを入手し校正を終えている。 家での早い朝ごはん後、弟に「部下へ電話で伝えるより直接話した…

朝食前の朝食_アイキャッチ

62.「はじめての魚つり」

「はじめての魚つり」 毎日が地獄の日々だ。 わたしは小学校6年生の三男を連鎖させてはいけないと危機感を募らせていた。 野球(リトルリーグ)の練習…