296.三男がバンクーバーへ向けて飛びたつ

  1. 朝飯前の朝飯

三男がバンクーバーへ向けて飛びたつ

2月の、晴れているが寒い日だった。

羽田空港に三男の高校と大学の同級生30人が見送りにきてくれた。

なかには三男が大学入学以来つきあってきた、元高校の野球部マネージャーの顔もある。

ただし今回の語学留学で三男は「別れ」を切りだしたという。

「1年間はなればなれとなる。おたがいにあたらしい道を歩もう」

もちろん中学1年から高校3年までの盟友の遠野くんの顔もある。

野球だけ取り組んできたのかと思ったが、友だちづくりにも励んだのだなあと目をほそめた。

わたしはたのまれて三男とその友だち30人の記念写真を撮ってやる。

三男はわたしと姉(長女)、次兄(次男)に声をかけた。

「行ってくるよ」

「達者でな!」

「野球で鍛えているから大丈夫だよ」

三男はエア・カナダでバンクーバーへ向けて飛びたった。

今回の旅程や語学学校さがしなどエージェントとのやりとりの一切を、あれだけめんどくさがり屋の三男が自分ひとりでやりきった。

新妻の意見をいれて2年間ひとりぐらしをさせて、自主性が芽ばえ本当によかったなと心から思う。

アメーバブログヘ

関連記事

朝食前の朝食_アイキャッチ

5.待望の長女誕生

新居は仲人と妻の会話で埼玉県川口市の奧山ビル4階となった。「南向きの陽当たりと見晴らし抜群のVIPルームが空いたから入らないかい? 敷金と礼金はタダでいい。ただ…

朝食前の朝食_アイキャッチ

31.長女の情緒不安定の理由

長女の情緒不安定の理由 結婚指輪のことが気になって仕方ないわたしは、昼食をとるとすぐに子どもたちを車に乗せて、海浜病院へ向かう。車中、長女だけが起きていたので話…

朝食前の朝食_アイキャッチ

26.ひとりで食事ができる

ひとりで食事ができる 妻に「いびきをかいていたね」と言われる。痛みが緩和し、冷静になってきたのかもしれない。わたしが「調子はどう?」と尋ねると「きょうはだいぶい…

朝食前の朝食_アイキャッチ

56.「大工さんになりたい!」

「大工さんになりたい!」 次男の高校の担任、学年主任の先生が片道35キロの道のりを家庭訪問してきてくれたが、次男は不在でいつも妻が対応した。 出席日数不…

朝食前の朝食_アイキャッチ

260.東日本大震災の被災地支援

東日本大震災の被災地支援 三男の中学校PTAで文化祭が行われた。「東日本大震災で被災した宮城県のT中学校へリヤカーを贈ろう」と呼びかけ例年になく気合いが…