296.三男がバンクーバーへ向けて飛びたつ

  1. 朝飯前の朝飯

三男がバンクーバーへ向けて飛びたつ

2月の、晴れているが寒い日だった。

羽田空港に三男の高校と大学の同級生30人が見送りにきてくれた。

なかには三男が大学入学以来つきあってきた、元高校の野球部マネージャーの顔もある。

ただし今回の語学留学で三男は「別れ」を切りだしたという。

「1年間はなればなれとなる。おたがいにあたらしい道を歩もう」

もちろん中学1年から高校3年までの盟友の遠野くんの顔もある。

野球だけ取り組んできたのかと思ったが、友だちづくりにも励んだのだなあと目をほそめた。

わたしはたのまれて三男とその友だち30人の記念写真を撮ってやる。

三男はわたしと姉(長女)、次兄(次男)に声をかけた。

「行ってくるよ」

「達者でな!」

「野球で鍛えているから大丈夫だよ」

三男はエア・カナダでバンクーバーへ向けて飛びたった。

今回の旅程や語学学校さがしなどエージェントとのやりとりの一切を、あれだけめんどくさがり屋の三男が自分ひとりでやりきった。

新妻の意見をいれて2年間ひとりぐらしをさせて、自主性が芽ばえ本当によかったなと心から思う。

アメーバブログヘ

関連記事

朝食前の朝食_アイキャッチ

14.帝王切開で三男誕生

帝王切開で三男誕生 8月6日9時から妻の帝王切開の手術がある。自宅を6時過ぎに出て病院へ7時に着き、義母とふたりで手術室へ見送る。「大丈夫じ…

朝食前の朝食_アイキャッチ

66.「高校を卒業してぇ!」

「高校を卒業してぇ!」 次男の奥星学園余市高校入学試験の面接者、入試・家庭科担当の玉浦淳子教諭はとても温和でやさしく語りかけてくれた。「山ノ堀くん、きみ…

朝食前の朝食_アイキャッチ

20.「東京だよおっかさん」

「東京だよおっかさん」 K誌9月号下版後の校正締日だ。すでにゲラを入手し校正を終えている。 家での早い朝ごはん後、弟に「部下へ電話で伝えるより直接話した…