255.長男の逆流性食道炎、パニック障害、ひきこもり

  1. 朝飯前の朝飯

長男の逆流性食道炎、パニック障害、ひきこもり

 悪性黒色腫の再発・転移で逝った妻から「この子だけが心配だ」と言われた長男。


 大の車好きにもかかわらず2度のスピードオーバーで運転免許証を喪失し、「バスで行くのはイヤだ」という理由でアルバイト先をやめた。


 前年に勃発したリーマン・ショックによって就職活動もまったくうまくいかず、落ち込んで、ひきこもりになり、「大学の授業を受けられない。

卒論が書けない」と言って、わたしへお金の無心がどんどんエスカレートしていった。


 ひきこもりと言っても、上京してきて「この病院では逆流性食道炎、ちがう病院ではパニック障害と言われた」と言ってわたしに診断書や薬を見せてくる。


 あとで聞いた話だが、送金したお金はパチンコにつぎ込みギャンブル依存症になったようだ。


 わたしはカウンセラーではないので、長男につい「おまえは長男のくせになさけないぞ! 姉弟は弱音をはかないでがんばっている! 静岡のアパートの一国一城のあるじなんだから甘えるな!」と言って、東京の家から追いかえしたことがあった。


 このことがあとで取り返しのつかないことになるとは、そのときはだれも知るよしもなかった。

アメーバブログヘ

関連記事

朝食前の朝食_アイキャッチ

49.ブロークン・ウィンドウ理論

ブロークン・ウィンドウ理論 長男が通う中学校は生徒数減で閉校し、バブル期に再び生徒数激増により開校し十数年が経っていた。 隣家の畑山夫人からは「わが子が…

朝食前の朝食_アイキャッチ

16.次男との共同生活

次男との共同生活 義母と電車で千葉駅まで行き、病院までのバス停を教え、わたしは総武線快速で会社へ。 原稿を午前中に完成させたのち…

朝食前の朝食_アイキャッチ

45.きかん坊の次男

きかん坊の次男 次男は幼稚園の年少時に抽選に漏れて入園できなかった。 その年に妻の悪性黒色腫と帝王切開で2か月早産による出産の緊急入院があり、もし年少か…