188.「千葉、劇的サヨナラ 世界リトル」

  1. 朝飯前の朝飯

「千葉、劇的サヨナラ 世界リトル」

 7時に起床し、朝食をとり、8時半にホテルを出るが、9時開門とのことで待たされる。

 9時10分に第4練習場へ着くと、選手村ですごしているジャパンの面々はすでにきびきびと練習をしている。

 川上くんが「きょうは打線を組み替えています。1番山田、2番川上、3番片島、4番木村……。重田と若田は打順を下げていますね」と。

 その日の打撃練習順が試合の打順にもなるようだ。

 練習が終了すると、ホテルへ帰るものもいればイタリアレストランで食事するものもいる。

 わたしは公式の写真店で三男が写っている写真をパソコンで検索し、14枚購入。

 1枚12ドル、現像に1時間かかるというので、スタジアム内のサブウェイでホットドッグを注文して、ボランティアスタジアムで食べる。

 そこへ川上父や市沢父、応援団の尾田、相田、岸田くんがやってくる。

 リトルリーグ世界選手権大会の解説をつとめるオレステス・デストラーデ氏(元西武ライオンズ野手、パリーグ3年連続本塁打王、日本シリーズMVP)がひとりで歩いている。

 わたしが「Oh! Mr.Destrade」と声をかけると、「Boom!」と叫びながら軽くステップを踏んで、弓を引くお決まりのガッツポーズを披露してくれた。

 このときのデストラーデ氏との写真はいまも大切に保管している。

 14時、いよいよリトルリーグ世界選手権大会予選第3試合の開始で、相手は南米代表のベネズエラだ。

 1回表・裏は両チームともに0点。

 2回裏に打順を下げた若田選手等が奮起してタイムリーを放ち、3点先取。

 3回裏にも1点を加点し4対0。

 4、5回の表には先発の籠山投手、リリーフの片島投手が打たれ4点を献上。

 4対4のまま最終回の攻防に移る。

 後攻のジャパンは2アウトから若田選手がデッドボールで出塁、大倉選手の内野ゴロを相手守備陣がファンブルと送球エラーを重ね、若田選手が一気にホームイン、5対4で勝利する。


 産経新聞は「千葉、劇的サヨナラ 世界リトル」と報じた。

 これでジャパンはC組2位が確定し、D組のメキシコか台湾の勝者とインターナショナル準決勝を戦うことになった。

アメーバブログへ

関連記事

朝食前の朝食_アイキャッチ

91.「失敗の教訓を活かす!」

「失敗の教訓を活かす!」 三男の小学校卒業証書授与式に妻の顔がない。 式後、妻の代わりに三男の教室へ足を運び、担任の江本昌美教諭の話に耳を傾けた。…

朝食前の朝食_アイキャッチ

33.診断書の中身

診断書の中身 損保会社へ電話して、新しく購入したタウンエースを妻名義で加入、カムリはわたしの継続にする。 生保会社には、三男入院の保険適用の可否を尋ねる…

朝食前の朝食_アイキャッチ

40.妹の初登板

妹の初登板 義父母を東京駅まで見送るため、大網駅10時31分発の快速電車に乗る。 東京駅へ昼前に着くと、予約しているのぞみ発車まで余裕があるので、いった…