184.俳優の吉田栄作氏に視線くぎづけ

  1. 朝飯前の朝飯

俳優の吉田栄作氏に視線くぎづけ

 ペンシルバニア州ウイリアムズポートのホテルで6時半起床。

 ルームメートの川上父と一緒に7時にホテルのレストランへ行くと、そこには時差ぼけで寝不足の面々がいる。

 8時15分ホテルのロビーに集合し、これからいよいよリトルリーグの聖地へ向かう。

「リトルリーグ・ワールドシリーズ」と言われる世界選手権大会は、11歳から13歳の子どもが全米とインターナショナル(非アメリカ)にわかれてトーナメントを行ない、それぞれの勝者が決勝で対戦する。

 全米はニューイングランド、ミッドアトランティック、ミッドウェスト、グレートレイクス、サウスイースト、サウスウェスト、ノースウェスト、ウェストで、インターナショナルはカナダ、メキシコ、カリブ海、ラテンアメリカ、日本、アジア太平洋・中東、ヨーロッパ・アフリカ、オーストラリア。

    両者の計16チーム。

 最初から全米とインターナショナルをばらして対戦させないのは決勝トーナメントへアメリカのチームがいないと盛り上がらないという理由かららしい。

 それまでの優勝回数は、台湾17、日本6、カリフォルニア州5、ペンシルバニア州4、コネチカット州4、ニュージャージー州4、メキシコ3、ジョージア州3(以下省略)となっている。

 このワールドシリーズはABC(アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニーというアメリカのテレビの民間放送ネットワーク)、ESPN(ウオルト・ディズニー・カンパニー傘下のスポーツ専用チャンネル)、ESPN2(ESPNの姉妹チャンネル)のいずれかが全米に全試合を放映する。

 球場は、ラマダスタジアムとボランティアスタジアムがあり、いずれもホームベースから外野まで68.6メートルの左右対称のフェンスが設置されている。

    メインのラマーデスタジアムは45,000人を収容できる。

 9時にブリーフィングがあり、ジャパンの父兄以外の席からときおり拍手や「うおーっ」という歓声があがる。

 通訳の大森氏が「リトルリーグの歴史について長く語られました」と解説。


 11時にオープニングセレモニーがあり、リトルリーガーたちが国旗を手に行進する。

 ジャパンは、ミッドアトランティック、カリビアン、ニューイングランドにつづいて4番目。

 トリはアジアパシフィック代表のチャイニーズタイペイ(台湾)。

 ここで一斉に風船が放たれる。

 そのときジャパンの応援席へ俳優の吉田栄作氏が、映画「僕たちのプレーボール」に出演する子どもたちを連れて登場。


 ジャパンの面々、とくに選手の母親たちは、吉田氏に視線くぎづけ。

 各チームのキャプテンにプレゼント、選手にひとつずつメダルが渡される。

 選手退場、オープニングセレモニー終了。

 積極的な山田母が吉田氏に近づき握手を求めると、吉田氏はニコッと笑い応じる。


「ワールドシリーズ」の名の通り、まさにリトルリーガーたちの夢の祭典の幕が開いた。

アメーバブログへ

関連記事

朝食前の朝食_アイキャッチ

216.「友だち、7人できたよ」

「友だち、7人できたよ」 三男が東京の中学校への転校初日だ。 もし「この中学校はイヤだ」と言えば東京の家の住宅ローンを払いながら、また千葉へ引き返さなけ…

朝食前の朝食_アイキャッチ

28.泊まるだけ介護

泊まるだけ介護 小学校の夏休みが終わり二学期が始業。 長女・長男を小学校へ送り出すと、母と次男とわたしは千葉大病院へ向かうが駐車…

朝食前の朝食_アイキャッチ

82.野球少年が不憫だ!

野球少年が不憫だ! 6時に家を出発し、6時40分に千葉市天台の千葉スポーツセンター駐車場へ着く。 寒の戻りでしばれる。 徳川洋文監督夫妻やコーチ…