256.“不幸”のオリンピック日本代表選手

  1. 朝飯前の朝飯

“不幸”のオリンピック日本代表選手

 東日本大震災後に無性に孤独を感じて出会いを求めようと思い、結婚情報サービスに入会するも、1年間まったくヒットしなかった。

 カウンセラーからは「年収はサラリーマンとしては高いほうですし、持ち家もあって申し分ないのですが、お子さんが4人いらっしゃるのを敬遠されるのではないでしょうか?」と言われ、データを改竄(かいざん)するわけにはいかないし退会した。

 そんなとき高校3年生の次男が大学の指定校推薦を取り消され、大学4年生の長男が逆流性食道炎、パニック障害、ひきこもりになるわで、わたしはおちこんだ。

 中学3年生の三男が塾がある日には「遠野くんと一緒に食べてこい」と言って小遣いを渡し、わたしは駒込界隈で飲んだくれていた。

 気分は「“不幸”のオリンピック日本代表選手」、「だれも近づいてくるな」というオーラをかもしだしていたいたので寄ってこないし声もかけられない。

 いっそう孤独を楽しんでいた。

 楽しんでいた、と言ってもじっさい楽しいわけではない。

 そんなときだ、人生が好転するような思わぬできごとがあった。

アメーバブログヘ

関連記事

朝食前の朝食_アイキャッチ

270.次男の暖房と遊興にあきれる

次男の暖房と遊興にあきれる 次男が奥星余市高校の卒業式を終えて北海道から帰ってくる。 下宿先から暖房費6万円の追加請求があり、大家さんに尋ねると「息子さ…

朝食前の朝食_アイキャッチ

271.小中学生自身の弁当づくり

小中学生自身の弁当づくり 大里綜合管理での第57回フォーラムは竹下和男氏(子どもが作る“弁当の日”提唱者)による「命輝く“弁当の日”で 人が輝く! 地域が変わる…