138.「優勝はおくさんが風を吹かせてくれたから?」

  1. 朝飯前の朝飯

「優勝はおくさんが風を吹かせてくれたから?」

 千葉リトルリーグの東関東夏季大会決勝戦の結果も気になっていたら、徳川監督夫人からわたしの携帯へ電話がある。

「山ノ堀さん、勝ったよ! 優勝よ! 息子も活躍したわ!」

「えっ、ほんとですか? 次は全国大会ですね!」

「そうよ。ついに4年ぶりの全国大会よ!」

「おめでとうございます。優勝にふさわしくないかもしれませんが、妻が朝9時半に逝去しました」

「えっ、やっぱりそう? 0対1で劣勢だったの。9時半ごろ息子(三男)がデッドボールを機に同点のホームを踏んでから流れが変わった。大倉がツーランホームランを放ったの。そのとき『アゲンストの風が横風に変わった。旗が急に横にふれたのを確認した。逆風なら戻されて入っていなかったかもしれない』と、あとで監督が言ったの! おくさんが風を吹かせてくれたのかもしれないね」

「えっ、そうだったのですか?」

「息子にはどうする? こちらで言うか? それともあなたが言う?」

「わたしが直接つたえますから電話をかわってもらえませんか?」

「わかった」

 三男にかわる。

「おとうさん?」

「優勝おめでとう!」

「ありがとう!」

「じつはなー、おかあさん、けさ亡くなったんだ」

「えっ」

「亡くなってから、試合の応援に行ったのかな? 監督夫人から話を聞いたよ。突然、横風に変わったらしいな」

 電話の向こうでしくしくと泣き声が聞こえる。

「これから焼き肉屋で祝勝会があるらしいな。おとうさんは行けないが、そこへ連れていってもらうか? それとも家に帰ってくるか? 帰るなら一関弘コーチが送ってくださるそうだ」

「帰りたい!」

「了解した。一関コーチにお礼を言うんだぞ」

「わかった」

 東関東連盟夏季大会決勝リーグ第3試合(決勝)は新チーム結成以来、1勝2敗と負け越している銚子リトルリーグが相手だった。

 好投手の前田くんにいつも苦戦を強いられてきたが、この日は若田・井村の両エースが投げ勝った。

 三男は0打数0安打1四死球。

 監督夫人が言うように、妻は悪性黒色腫の闘病から千葉大病院で永眠すると、天女になって友部グラウンドへ舞いおりて三男のチームを応援したのかもしれない。

 彼女の「全国大会で応援したい!」という夢がかなった瞬間だ!

(つづく)※リブログ、リツイート歓迎

アメーバブログへ

関連記事

朝食前の朝食_アイキャッチ

2. 結婚したい年

「ひとにはそれぞれ『結婚したい年』というのがあるんや」 こう切り出したのは、高嶋易断三世呑象の高嶋弘光氏だ。 自らが対談で登場し…

朝食前の朝食_アイキャッチ

37.妻の背中の消毒

妻の背中の消毒 衣替えの10月だ。 きのう夏服で出勤して少し寒く、きょうはさらに合い服が正解と思えるくらい涼しい。 高森…