1. プロローグ

  1. 朝飯前の朝飯

   妻の背中に1ミリ台の白い突起物ができた。

   地元のクリニックでは「切ってはいけない」と言われながら千葉市土気(現・千葉市緑区土気)の診療所で「切りましょう。大丈夫」と言われた。

   妻は「大丈夫」のことばを信じて切開した。

   だが、根っこを残して切ったためか、やがて切っても切っても黒く肥大化する。

   千葉大学付属病院では、「メラノーマ(悪性黒色腫)、いわゆる皮膚ガン。黒さといい大きさといいステージ4で、5年以内に死にいたる確率は80%」と宣告された。

   目の前が真っ暗になりながら、同時に「10年もてば大丈夫」のことばを信じた。

   第四子の帝王切開の2週間後に、背中の患部と脇のリンパ節を切り取る大手術が行なわれた。

   妻は10年もったが、12、3年後に肺と脳へ転移、メラノーマが再発し、再び闘病生活へ。

   家族は一縷の望みを信じて協力しあったが……。

   これは起伏に富んだ二十余年の家族の記録だ。

※リブログ、リツイート歓迎

アメーバブログへ

関連記事

朝食前の朝食_アイキャッチ

41.取材前泊の是非

取材前泊の是非 会社で朝から校正だ。ドイツ・イギリスへ海外出張している赤山雅夫主任(当時)の原稿もしっかり見てやらなければいけない。 仕事は21時終了し…

朝食前の朝食_アイキャッチ

29.三男退院後の深夜の授乳

三男退院後の深夜の授乳 海浜病院での三男の退院の日を迎えた。わたしが医療費支払い中に、母が三男へミルクを飲ませる。 その後、佐久間瞬医師からミルクの授乳…